So-net無料ブログ作成

国民年金納付率、過去最低更新へ=09年度、2月分までで59.4%(時事通信)

 厚生労働省は1日、2009年4月〜10年2月分の国民年金の保険料納付率が前年度同期比2.1ポイント減の59.4%になったと発表した。保険料は前納でまとめて納付することが多いため、3月分の納付率が大幅にアップすることは見込めず、09年度の納付率は過去最低となった08年度の62.1%を下回ることが確実な情勢だ。納付率が前年度を下回るのは4年連続。
 納付率が低下を続ける背景には、不況に伴い勤めていた企業を解雇され、国民年金に加入したものの保険料が払えないケースが増えていることや、年金記録問題に対する不信感が払しょくされておらず、支払いを拒否する例が依然多いことなどがあるとみられる。
 加えて、同省は「最優先課題の年金記録問題に人員をシフトし、保険料徴収に人を割けなかったことが要因の一つではないか」(年金局)と分析。納付率低下の原因を究明した上で、徴収体制強化などの対策を講じる考えだ。 

【関連ニュース】
年金保険料などを免除・猶予=口蹄疫対策で
賠償26億円に大幅減額=西武鉄道株名義偽装
年金減額「適法」確定=りそな銀退職者の上告退ける
民主公約の基本概念
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で

「岡本ホテル」 預託金数億円が使途不明 出資法違反容疑で捜索(産経新聞)
<東京都条例改正案>性的漫画規制、民主が反対方針(毎日新聞)
院生1423人分の情報紛失 関西大、教授がUSBごと(産経新聞)
ガス田条約、早期交渉 月内にも局長級会合 日中首脳が合意(産経新聞)
野口健さん 遺骨収集NPO退会 週刊誌報道めぐる考え方に違い(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。