So-net無料ブログ作成
検索選択

「尽くします」メールは同一文面 殺人容疑再逮捕の女、手当たり次第に送信 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)

 「結婚したら、あなたに尽くします」−。殺人容疑で再逮捕された木島佳苗容疑者(35)は、インターネットの結婚紹介サイトで知り合った複数の男性に、次々にこうしたメールを送り関心を引いていた。しかし、捜査関係者によると、木島容疑者が複数の男性に送っていたメールはほぼ同一の文面だったという。県警は、木島容疑者がネットで手当たり次第に“獲物”を物色していたとみて調べている。

 木島容疑者は、結婚紹介サイトで「学生」や「ヘルパー」などの肩書を使い分けて自己PR。サイトで知り合った男性には「料理が得意」「あなたに尽くします」など、家庭的な女性を装ったメールを送っていた。

 しかし、県警が木島容疑者のパソコンを押収して解析したところ、送信していたメールは、いくつかのパターン化されたフォーマット通りのものだった。

 木島容疑者は、大出嘉之さん=当時(41)=を含め6人の男性から、結婚話をエサにして現金をだまし取ったなどとされるが、捜査関係者によると、被害者が受け取っていたメールもいずれもほぼ同じものだったという。

 その一方で、木島容疑者は、自分のブログには高級ホテルに宿泊したことや、男性から高価なプレゼントをもらったこと、高級レストランで食事をしたことなど、“セレブ生活”をしていることを書きつづっていた。また、高級外車を2台購入するなど、派手な生活を送っていた。

 しかし、捜査関係者によると、家計の収支は火の車で、逮捕された平成21年9月には、預金口座はほぼゼロだったといい、結婚詐欺で自転車操業を続けていた仮面セレブ生活は破綻していた。

【関連記事】
ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査
女を殺人容疑で再逮捕 連続不審死で埼玉県警 
埼玉不審死、きょうにも再逮捕 交際男性殺害の疑い
結婚詐欺の木島容疑者、来週にも殺人容疑で再逮捕 
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず

タミフルの輸入代行 薬価の3〜5倍 「個人」規制なく野放し(産経新聞)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか−連続不審死・埼玉(時事通信)
特養待機4万人超 施設不足深刻 宮城は1万人余 東北(河北新報)
宮城県北部で震度4の地震(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。